うさぎの母ちゃん子育て中

うさぎではなく、人間の子育てをしています

プラレールデビューしました!中古だけど…

こんにちは、うさぎの母ちゃんです。

 

一歳半になった息子のみーや。電車、車、とにかくタイヤが付いた物が大好きボーイに成長しています。

児童センターへ行けばコンビカーにまたがって遊びます。プラレールは一台しかないので、遊べたり遊べなかったり。

でも、児童センターもコロナの影響で人数&時間制限があるので、気軽に利用できる場所では無くなってしまいました…。悲しいけれど仕方ない。

 

じゃあ家に、プラレール置いちゃおうかな?!

と、思い立ってとりあえずブックオフへ行きました。

プラレールがたくさん置いてある!

今回はレールと、なんでもいいから電池で動く電車が欲しい!

 

と言う事で、電車もプラレールも初心者な私が選んだのはこちら↓

 

f:id:star8737:20210712134858j:image

レール12本約400円

 

f:id:star8737:20210712135013j:image

近鉄観光特急しまかぜ」

約1600円

 

 

(アマゾンで新品を買ったほうが安かった!次からはちゃんと確認しよう・・・) 

 

「しまかぜ」は、たまたま息子が「しまかぜ」のシャツを持っている(頂き物)ので、何となく親近感があったから選びました。

新品で買っても実はそんなに値段に差は無かったんですが、中古で買った方が手放しやすいかなと思い中古にしました。

 

帰ってからプラレールを設置すると、大興奮!!

 

娘が!!笑

 

もちろん息子も喜んでいるんですが、娘の方が気に入ってしまい取り合いです。

ケンカが増えました〜!ひえー。

 

ということで、今度もう一台導入しようかと思います。

 

プラレールって、レールの外でも走るんですね。

一緒懸命付いてくるので可愛いです。

 

 

比べてはいけないと思っていても・・・

 

f:id:star8737:20210622104341j:plain

うさぎの母ちゃんです。

 

比べてはいけないと思っていても、ついつい比べてしまうもの・・・。

そうです、2人の子どものこと。

我が家には3歳児の姉ぴこちゃん、1歳児の弟みーやの2人の子どもがいます。

2人の性格はちょっと違います。

 

今のみーやに合わせて1歳半の頃を思い返してみると・・・

 

<姉ぴこ>
・2語文でおしゃべりしていた

・公園では砂遊び、ままごと遊びがメイン

・同年代の友達がいて、一緒に遊ぶことが多かった

・人見知りはほとんどしない

・好き嫌いが多い

・身長体重平均より少し下(服80)

・少し目を離しても、そんなに動かずにその場にいる 

 

<弟みーや>

喃語は出るが、意味の通る言葉は少ない

・外に出ると走り回る

・同年代の友達はいるが、一緒に遊ぶことはあまりない

・どちらかというと年上の男の子についていこうとする

・人見知りはそれなりにする

・好き嫌いはほとんどしない

・身長体重が平均以上(服90)

・どこにでも登る

・少し目を離すとすぐにいなくなる

 

ぱっと思いつく、2人に違いはこんな感じです。

幼いころの姉ぴこちゃんを思い出して「みーやは全然喋らないな」と不安に思ったり、反対に「1歳半なのにこんなに歩くなんて!」と思ったり…。

同じ親に育てられていても、同じきょうだいでもこんなに成長過程が違うのか、と実感しています。

子育てって難しい。その子によって性格も体格も本当に違う。

私(母)の関わり方も、何が正しいのか探り探りです。

 

違いだけじゃなくて共通点もあるはず!と思って考えてみました。

 

<共通点>

・にこにこ笑う

・おっぱいが大好き(1歳半の時ね!)

・あまえんぼ

とにかく可愛い!!!

 

うちの子たち本当に可愛い!!

のは変わりません。笑

 

 

 

 

お散歩しながら植物観察(6月編)

おはようございます、うさぎの母ちゃんです。

6月とはいえ日差しが痛い…そして時々ゲリラ豪雨

暑さと雨の合間を縫って散歩をする毎日です。

 

抱っこよりも歩くほうが好きな息子。

散歩コースのおうちに植えてあるお花が好きで、いつも挨拶しています。

私も花を見るのは好きですが、意外と名前を知らないなあ。

 

せっかくなので調べてみよう!

お散歩しながら、と言っても、息子を見つつ写真撮るのはなかなか大変です。

毎日少しずつ写真に収めています。

お花の名前はグーグルフォトのグーグルレンズを使って調べました。

目標は30種類!と思っているので見つけ次第更新します。

 

 

 

ヘラオオバコ

f:id:star8737:20210610134556j:image

面白い形の花。どうやら「要注意外来生物」らしい。

シロツメクサ

f:id:star8737:20210610134602j:image

コツブツメクサ

f:id:star8737:20210610134607j:image

カタバミ

 f:id:star8737:20210610134611j:image

ユウゲショウ

f:id:star8737:20210610134617j:image

ビヨウヤナギ

f:id:star8737:20210612053148j:image

ヒメジョオン

f:id:star8737:20210612053200j:image

アジサイ

f:id:star8737:20210615151530j:image

 

 

ダンゴムシブーム

f:id:star8737:20210607093142j:image

 

 

 

 

こんにちは!うさぎのお母ちゃんです。

幼稚園年少組の娘ぴこのマイブーム。

ダンゴムシ探し。

 

幼稚園バスが来るのを待っている間は、お母ちゃんも一緒に観察します。

歩いてる最中でも「あ!いた!」とすぐに見つけられるぴこに対して、「え?どこ?え?」となかなか見つけられないお母ちゃん。

 しゃがんで近づいてやっと見つけられます。

子どもの見つける力はすごい!

 

↓このくらいなら割と気が付くよ。

 

f:id:star8737:20210607085259j:image

 

でもこうなるとちょっとすぐには見つけられません。

 

f:id:star8737:20210607085256j:plain

 

え?すぐに見つかった?すばらしい!

子どもと一緒にダンゴムシを見つけにレッツゴー!

 

 

 ダンゴムシの絵本

 

ダンゴムシ みつけたよ」 皆越ようせい 写真・文

f:id:star8737:20210607094722j:image

ダンゴムシの生態が写真とわかりやすい言葉でストーリーになっています。

読み聞かせにぴったりです。

赤ちゃんがお母さんのお腹の外に出てくるページ、小さいダンゴムシが可愛い!!

娘はこのシーンがお気に入りです。

 

 

「育てて、しらべる 日本の生きものずかん4 ダンゴムシ

 

f:id:star8737:20210607100246j:image

 “生きものずかん”というだけあって、ダンゴムシについて詳しく調べるにはもってこいの本です。

ダンゴムシの飼い方が載っているが嬉しいです。

この前、虫かごにダンゴムシだけを入れていたら弱ってしまった経験が・・・

大人からすると当たり前の事なんですが、娘にとっては悲しい出来事でした。

(結局死んでしまう前に土に返しましたが・・・)

この本を見ながらダンゴムシ飼育にも挑戦してみたいところです。

 

 絵本は随時更新する予定です。

砂場着って必要?

f:id:star8737:20210605224757j:image

 

こんにちは!うさぎのお母ちゃんです。

 

6月に入り、雨の日も多いけど公園遊びが楽しい季節になりました!

雨上がりの公園は水たまりができていたり、植物も雨粒で輝いていたり、発見がたくさん!

でも、すぐに泥んこになっていまうのが困りものです。

そこでよく目にするのが、砂場着です。

 

 

 

息子は砂場着が必要な子

 

f:id:star8737:20210605231952p:plain

現在1歳5ヶ月の息子は、公園へ行くととにかく歩き回ります。

クローバーの生い茂る草原ゾーン。

木がたくさん生えている土ゾーン。

泥遊びもできる!砂場ゾーン。

すべり台だって大好きです。

そして、すぐに転びます。

即、服は汚れます。

手洗いしないと汚れは落ちない!手洗いしたって落ちない汚れもあります。

泥は割と落ちますが、草の汁系は簡単には落ちなかった…。漂白するとか色々手はあると思うんですけど、毎日の事になると…。

 

 

砂場着ってすごい!!

 

そこで導入したのが砂場着です。

これを着るだけで無敵感!(あくまで“感”です)

転んでも膝が汚れないし、膝をすりむかない。

砂場で寝転がっても服は汚れない!

土ゾーンで座り込んでも大丈夫!!

 

ただ防水では無いので湿り気は移ります。

 

親の「あ!」が減る

f:id:star8737:20210605232724j:plainどんと構える


 

砂場着の良いところ。

つい出がちな親の「あ!」が少し減ります。

「あ!土の上に座らないで…」

「あ!膝が泥だらけ…」

「あ!このお尻でベビーカーに座らせてしまった…」

 

本当は、楽しんでいる子どもの色々な表情をじっくり見ていたい。でも、気をつけて見ていないと何が起こるか分からないのが子ども。

何でも口に入れたり、友達に手が出てしまったり、公園の外に行こうとしてしまったり…。

子どもにとっては楽しい公園ですが、引率する親は子どもを守るのも役目です。

 

砂場着を着せていると「服が泥だらけになるかもしれない」という部分を気にしなくても良くなります。

「あ!でも、まあいいか」

というポイントがあるだけで、ちょっと心が軽くなりますよ!

 

さっと洗えてすぐ乾く

f:id:star8737:20210605232130j:plain


 

砂場着だって汚れます。さすがにそのまま洗濯機に入れるのはちょっと抵抗が・・・。

我が家は雑巾を洗う時の様に、手でシャカシャカ洗っています。固形石鹸(ウタマロ)も使ってシャカシャカ。

ぎゅっと絞ってベランダに干すと、晴れている日だと1時間位で乾くんです。

お風呂で一緒に洗って、夜干せば朝には乾きます。

1枚持っていれば十分回せます!

 

 娘は砂場着不要な子だった

 

息子は砂場着に大変お世話になっていますが、娘は砂場着不要な子でした。

今思うと地面に絵を描いたり、しゃがみこんで足元の砂で遊んでみたりすることが多かったです。

砂遊びをしていも、砂場にダイブしたり、直接座ったりしないタイプだったんですよね。

洋服が汚れて仕方ない!という経験をほとんどしなかったので買わずに今に至ります。

子どもの性格によって砂場着の必要度は変わります。

「周りが持っているから・・・」と焦らなくても大丈夫!

砂場で寝ころびたいタイプの子は持っているとかなり重宝しますよ~!

 

 

 

 

はじめまして

 うさぎ母ちゃんです。

ブログを始めます。よろしくお願いします!

 

 

 

うさぎの母ちゃん

f:id:star8737:20210604095904p:plain

 

妊娠出産をきっかけに退職して専業主婦に。

子どもに関わる仕事をしていた事もあり、幼児教育・家庭教育に興味津々。

30で娘を出産しました。

親として子どもたちに出来ることは何だろう?と日々模索中。

2歳差育児にてんてこまいしています。

すぐに「もう!!!」とイライラしがち。

 

ぴこ(娘)

 

f:id:star8737:20210604101112p:plain

 

2017年夏生まれの女の子。幼稚園の年少さん。

プリキュアとプリンセスが大好き。

弟のことはまだ受け入れられない?!

たまーに可愛がってくれます。

スイミングと英語を習っています。

4月からはZ会幼児コースを受講中

 

 

みーや(息子)

 

f:id:star8737:20210604101117p:plain

 

2019年冬生まれ。もうすぐ一歳半。

よく笑い、よく走り、なんでもよく口に入れます。

お姉ちゃんが大好きだけど、ちょっかいを出し過ぎてよく怒られている。

 

 父ちゃん

 

f:id:star8737:20210604095718p:plain

 

コロナが流行してから在宅ワークになり早一年。

穏やかな性格。母ちゃんのイライラを、うまく右から左へ流してくれる神のような存在。